スチールラックに互換性はある?メーカー間の対応状況

「スチールラックの追加購入を検討している」

そんなとき現在使用中のスチールラックとの連結を考える方も多いでしょう。

通常、複数台のスチールラックを同じ販売店からまとめて購入する際は、2台目以降を連結させることが可能です。

連結とは、次の図のように同じ支柱を共有することで1台にする方法です。

連結により

  • 導入コストを下げられる
  • 設置スペースを減らせる
  • 本体重量を軽くできる

などのメリットがあります。

さて、ここで注意すべき点は、互換性の有無です。

この記事では、スチールラックの連結をする際に注意すべき互換性(適合性)について詳しく解説しています。

現在使用中のスチールラックに棚板を追加したい場合も互換性が必要になってきます。

関連記事:スチールラックの棚板を追加・増やす方法は?メーカーごとの規格に注意

スチールラックの連結には互換性が必要

スチールラック同士を連結させたい場合は、互換性が必要です。

もし、互換性がない場合は、支柱に間口桟・継ぎ梁(ビーム)や棚受けなどのパーツをうまくはめることができません。

▲スチールラックの各部名称

原則、メーカー間の互換性はない

スチールラックは、さまざまなメーカーが開発・販売していますが、基本的に異なるメーカー間での互換性はありません。

これは、スチールラックの部材の接合部分がメーカーによって異なる寸法で作られているためです。

また、同じメーカーであっても耐荷重ごとに互換性が異なるので注意しなければなりません。

例えば、弊社が販売する「タイガーラック株式会社」のスチールラックであれば、次のような互換性となります。

タイガーラック製のスチールラックの互換性一覧表
200kg 300kg 500kg
200kg
300kg
500kg

※耐荷重120kg、150kgは、連結に対応していません。
※タイガーラックの旧製品「SOシリーズ」と新製品「YSシリーズ」には互換性がありません。

例えば、耐荷重200kg同士には互換性がありますが、耐荷重200kgと「300kg」「500kg」には互換性がなく、連結もできません。

一方、耐荷重300kgに関しては、同じ耐荷重である「300kg」だけでなく「500kg」にも互換性があります。


▲耐荷重300kgと耐荷重500kgは互換性があるため連結が可能です

同じメーカーであるにも関わらず、耐荷重ごとに互換性が異なるのは部材や構造が違っているからです。

耐荷重200kgと耐荷重300kg・500kgの場合は、棚板などを取り付けるための”穴の形状”が違うことから互換性がありません。

スチールラックの互換性に関するよくある質問(Q&A)

ここからは、スチールラックの互換性に関するよくある質問(Q&A)を紹介していきます。

Q. 互換性がある場合は、サイズが違っていても連結できますか?

A. 基本的に同じメーカーで互換性があっても「高さ」「奥行」が違う場合は、連結ができません。

そのため、スチールラックの連結形式を購入する場合は、既存のラックの購入履歴からサイズを確認。

または実際に採寸をして「高さ」「奥行」が購入予定のスチールラックと同じであるかをチェックする必要があります。

Q. スチールラックのメーカーが分からないけど、互換性を確認できますか?

A. スチールラックのメーカーが分からない場合は、ご相談ください。

弊社が販売するスチールラックと互換性があるかどうかを確認できる可能性があります。

基本的には、

  • 脚の部分
  • 棚受け
  • 支柱の穴の形状

の3点の写真をご提示いただければ判別が可能です。

例えば、スチールラックの耐荷重ごとに支柱の穴の形状を確認すると、次の画像ように大きく違うことが分かります。

耐荷重120kg
耐荷重150kg
耐荷重200kg
耐荷重300kg・500kg

なお、「TigerRack」と記載されたシールが貼られている場合は、弊社が販売するスチールラックとなります。

※ご購入された時期によってはシールが貼られていないケースもあります。

メタルラックの互換性の確認について

弊社では、次の画像のような業務用スチールラックのみ販売しております。


▲業務用スチールラック

ホームセンター(ニトリ、カインズ、IKEA、コーナン、ナフコなど)や100円ショップ(ダイソー、セリアなど)、アイリスオーヤマのルミナスで販売されているメタルラックは取り扱っておりません。


▲メタルラック

メタルラックの互換性についてご質問があったとしてもお答え致しかねますので、あらかじめご了承ください。

最後に

スチールラックを追加注文して連結させたい場合は、互換性に注意しなければなりません。

基本的に互換性のあるスチールラックを選ぶ場合は

  • メーカー
  • シリーズ
  • 耐荷重

の3つが同じでなければなりません。

また、互換性がある場合でも「高さ」「奥行」については、同じサイズを指定する必要があります。

「昔に購入したスチールラックだからメーカーが分からない」といった理由で互換性のないスチールラックを購入する場合は、固定ベルトを利用するのも一つの手です。

固定ベルトを利用することでスチールラック同士を強力につなげることが可能。

弊社では、スチールラック専用に「がっちりベルト締め次郎」という名称で販売しており、マジックテープで簡単に装着できるようになっています。

上下に使用することで全体の安定性を増すことができ、転倒防止・横揺れ対策に有効です。

業務用スチールラックの販売ページ

カテゴリ カテゴリ:スチールラック

株式会社シーエスラック

シーエスラック編集部

物流業務を効率化するマテハン機器「スチールラック」のお役立ち情報を発信。倉庫、工場、バックヤード、オフィス・事務所など多数の導入実績があります。

記事一覧を見る