ネステナーの耐震・地震対策を紹介!落下防止柵・バーなど

皆さん、ネステナー(ネスティングラック、ネスラック)の地震対策はしていますか?

日本は、世界有数の地震対策です。

日本は世界に占める国土面積が0.25%程度であるにも関わらず、世界で発生する巨大地震の20%以上が日本周辺で発生しています。

ネステナーは、

  • 自由に移動できる
  • 2~4段に積み重ねて利用できる
  • コンパクトに収納できる

といった特徴があり、縦の空間を有効活用することで収納力を大幅に向上できる物流機器です。

ネステナー、ネスティングラック、ネスラック

関連記事ネステナーとは?種類、サイズ、耐荷重など分かりやすく解説

しかしながら、荷物を高い位置に収納することから地震が発生した際は、落下による危険度は高まります。

従業員の安全を保持することはもちろん、在庫などの損失を最小限に抑えるためにも地震対策は必要不可欠です。

この記事では、ネステナーの耐震・地震対策についてご紹介します。

全国対応!お見積り・CAD図面作成は無料

ネステナーの耐震性について

弊社が販売している「正ネステナー」は、耐震性が高い設計となっています。

これは、正ネステナーを積み重ねたときの接合方式に「レールオンレール方式」が採用されているためです。

次は、正ネステナーを積み重ねたときのイラストです。

レールオンレール方式では、上下のネステナーの接合部分に角度の違うレールが用いられています。

これによりレール間に”わずかな隙間”が生まれて”クッション効果”を発揮。

地震により揺れれば揺れるほど強く食い込み、一体性・安全性が高まる設計となっています。

正ネステナーは、クッション効果により地震の揺れが直接他の段に伝わるのを防いでいます。

このような地震から受けるエネルギーを受け止めて逃がす構造はビルやマンションの”免震構造”と似たような仕組みであり、正ネステナーにおいても地震に強い設計と言えます。

※逆ネステナーの接合方式は「プラグ方式」となります。

ネステナーの耐震・地震対策オプション

先ほど解説したとおり、正ネステナーは「レールオンレール方式」であることから地震に強い構造となります。

しかし、重たい荷物を載せる場合は、これから紹介する耐震・地震対策を講じたほうがより安全です。

ここからは、弊社が提供している耐震・地震対策についてご紹介します。

オプション品

こちらは、弊社が販売するネステナーに取り付けできる耐震・地震対策のオプション品です。

転倒防止「ネスバンド」

ネスバンド

「逆ネステナー」に対応

ネスバンドは、隣り合うネステナー同士をバンドで固定することで転倒抑制やズレ防止対策ができるオプション品です。

ネスバンドのDリングにベルトを通してからマジックテープで止めるだけで簡単に取り付けができます。

落下防止「だるま」

だるま

「逆ネステナー」「正ネステナー」に対応

溶接やボルト締めなどが必要なく、ネステナーにはめ込むだけで簡単に取り付けができます。

だるまは、パレットを入れる方向にだけ”一方通行”で倒れる構造です。

そのため、フォークリフトで積み込む際の利便性は損なうことなく、落下事故を防止できます。

出典:天龍産業中村

特注オプション

こちらは、弊社が販売するネステナーの特注仕様です。

溶接などが必要となる特注仕様であることから10台以上からの注文に対応しています。

落下防止「コンビ止めバー」

「正ネステナー」「逆ネステナー」に対応

コロビ止めバーは、ネステナーの側面と背面にバーを取り付けることで積載物の落下を防ぐ特注オプションです。

高さのある積載物の落下を防ぎたい場合におすすめとなります。

側面のバーは、必要に応じて取り外し可能。

ご依頼いただければバーの本数を増やすこともできます。

落下防止「コンビ止め中柱」

「正ネステナー」に対応

コンビ止め中柱は、ネステナーの側面と背面にを取り付けることで積載物の落下を防ぐ特注オプションです。

穀物や飼料、土砂、廃棄物などの梱包に使われることの多いフレコンバックなど、不安定な積載物の落下を防ぎたい場合におすすめとなります。

側面の柱は、必要に応じて取り外し可能。

ご依頼いただければ柱の本数を増やすこともできます。

落下防止「金網ガード」

「正ネステナー」に対応

金網ガードは、ネステナーの側面と背面に金網(柵)を取り付けることで積載物の落下を防ぐ特注オプションです。

小さい荷物や商品の落下を防ぎたい場合におすすめとなります。

側面の金網は、必要に応じて取り外し可能。

ご依頼いただければ前面に金網を取り付けることもできます。

最後に

ネステナーは、パレット収納に特化した物流機器の一つです。

パレットを平積みしている場合は、ネステナーを活用することで収納力の向上を図れます。

それだけでなく、

  • パレットの出し入れをスムーズにする
  • 荷崩れによる怪我のリスクを減らす

などのメリットがあります。

しかし、ネステナーを2~4段と高く積んだ場合は、それだけ転倒や荷物落下時の危険性が高まります。

地震に強い正ネステナーであっても荷物落下のリスクはあります。

弊社では、地震や衝突による落下防止対策として「コンビ止めバー」「コンビ止め中柱」「金網ガード」などのご用意もありますのでネステナー導入時はご検討ください。

全国対応!お見積り・CAD図面作成は無料

カテゴリ:ネステナー

タグ:,

ネステナー(ネスティングラック)導入のご相談も承ります

弊社では、ネステナーの導入に関するご相談も承っております。

例えば、次のような条件でネステナーの購入を検討しているけど、何台必要だろうか。

ネステナーのイラスト【条件】

  • 天井の高さ:5.5m
  • パレットのサイズ:1100 × 1100mm
  • 荷物の高さ:1400mm
  • パレットの数量:30枚

【提案内容】

逆ネステナー(3段積み)20台をおすすめします。

上記のようなご相談の他にも「ネステナーとパレットラックの違い」「効率の良い倉庫レイアウトの方法」などご不明な点がございましたら、どんな些細なことでも遠慮なくお尋ねください。

物流機器の専門スタッフがお客さまをしっかりとサポートいたします。

記事一覧を見る

株式会社シーエスラック

シーエスラック編集部

物流業務を効率化するマテハン機器のお役立ち情報を発信。倉庫、工場、バックヤード、オフィス・事務所など多数の導入実績があります。