業務用スチールラックが錆びる原因は?屋外での使用に注意

「業務用スチールラックに錆び(サビ)が発生してしまった」

そんな悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

業務用スチールラックは、鋼(鉄)製の棚であることから1段あたり50~500kg程度の物を載せられるほど頑丈な作りです。

しかし、購入当初は綺麗な状態であっても長年使っていると経年劣化により徐々に錆びることがあります。

これにより

  • 見た目が悪くなる
  • 構造がもろくなることで耐久性が低下する

などの問題につながります。

例えば、本来であれば1段あたり200kgまでの物を載せられるにも関わらず、100kgで耐えられなくなるケースもあります。

この記事では、業務用スチールラックが錆びる原因や対処法について解説します。

業務用スチールラックは、屋内での利用を想定しております。

屋外での利用はメーカー非推奨となっていますので、あらかじめご了承ください。

業務用スチールラックが錆びる原因

業務用スチールラックが錆びる原因は、表面の塗装が剥がれるためです。

弊社が販売する業務用スチールラックには、150度以上の高温で焼き付けて塗装する「メラミン焼付塗装」が施されています。

これは、オフィスの事務机やガレージのシャッターなどで用いられる塗装加工方法です。

これにより表面が保護されて多少水に濡れたとしても鉄の部分までは浸透することはありません。

しかし、長年使っていると経年劣化により表面の塗装が剥がれ、鉄がむき出しになることがあります。

鉄は空気に触れると錆びる

鉄は、水や空気中の水分・湿気に触れると化学反応により錆(赤サビ)が発生します。

元々、鉄は酸化鉄から人工的に酸素を取り出した素材です。

そのため、鉄は元の自然な状態(酸化鉄)に戻ろうとする作用が常に働いており、条件がそろえば酸素と結合して酸化鉄に戻ります。

この鉄から酸化鉄に戻る現象が鉄が錆びる正体です。

業務用スチールラックの錆びを防ぐ方法

業務用スチールラックが錆びるのを防ぐには、表面を覆っている塗装剥がれに注意しなければなりません。

塗装が剥がれる原因としては、

  1. 衝撃によるもの
  2. 液体によるもの
  3. 紫外線によるもの

などがあります。

1、衝撃によるもの

業務用スチールラックに強い衝撃が加わることで塗装が傷つくケースです。

また、棚の上に砂や小石があるにも関わらず、そのまま重たい荷物を載せて引きずり出すと塗装が傷つく可能性があります。

そのため、定期的に棚板部分などを掃除したり、物を載せる前に砂利がないか確認するようにしましょう。

2、液体によるもの

業務用スチールラックに酸性やアルカリ性の液体が長時間付着することで塗装が剥がれるケースです。

その他、塗装に発生した小さな傷やミクロ単位の穴に水が入り込むことで錆びることもあります。

もし、水滴が付きやすい場所に設置する場合は、こまめに拭き取ったり、透明のビニールカバーを取り付けるなどの対策は必要となります。

関連記事スチールラックのホコリ対策!透明のビニールカバーを活用しよう

3、紫外線によるもの

業務用スチールラックに紫外線が当たることで塗装が劣化するケースです。

太陽光に含まれる紫外線は、自動車や住宅の外壁においても塗装の劣化を早めるものであり、業務用スチールラックも例外ではありません。

そのため、屋外・野外はもちろんのこと屋内であっても直射日光が当たる窓際に設置している場合は、目に見えない紫外線により塗装がダメージを受けることになります。

また、表面にわずかでも水が溜まっていると、その水がレンズの役割をして日光により熱を帯びて塗装を焼いてしまうこともあるので注意しましょう。

錆に強い棚なら「ステンレスラック」がおすすめ

スチールラックとステンレスラック

業務用スチールラックは、いくら気をつけていても鉄製であることから経年劣化により錆が発生することがあります。

そのため、

  • 食品工場
  • 飲食店の厨房
  • 病院・医療施設

など衛生面の気になる環境でご利用いただく場合は、ステンレスラックをおすすめします。

ステンレスラックとは、英語で”錆(さび)ない”という意味を持つステンレスで作られているラック(棚)です。

その他にも「耐熱性」「耐久性」に優れており、家庭のキッチン、シンク下、浴室などの水回りから産業機器、航空宇宙分野でも幅広く利用されています。

皮膜が表面を保護する

ステンレスが錆に強い理由は、表面に皮膜が形成されるからです。

仕組みとしては、まずステンレスに含まれるクロムと空気中の酸素が結合します。

それにより100万分の3mm程度と肉眼では見えないほど非常に薄い皮膜が形成され、金属部分を保護します。

また、外部からの衝撃により皮膜が剥がれたとしても、すぐに新しい皮膜が再生されて錆を防ぐ働きを続けます。

ただし、ステンレスの加工には知識と熟練された技術が必要であることからスチールラックと比べると価格が高くなります。

スチールラックとステンレスラックの金額例
スチールラック ステンレスラック
(SUS304)
耐荷重 150kg 150kg
サイズ H1800 × W1500 × D300 mm H1800 × W1500 × D300 mm
段数 4段 4段
価格 16,860円 79,170円

※価格は記事執筆時点であり、予告なく変更する場合があります。最新の価格は『業務用ラックの販売ページ』の「スチールラック検索エンジン」からご確認いただけます。

関連記事ステンレスラックとは?SUS304とSUS430の違いなど

最後に

今回は、業務用スチールラックが錆びる原因について解説しました。

弊社が販売する業務用スチールラックは、錆を防止するために「メラミン焼付塗装」が施されています。

しかしながら、

  • 屋外に設置する
  • 水気の多い場所で利用する

など、お使いの環境によってはすぐに表面の塗装が剥がれるため注意が必要です。

業務用スチールラックは、屋内での利用を想定しております。

屋外での利用はメーカー非推奨となっていますので、あらかじめご了承ください。

弊社が販売するタイガーラック製の業務用スチールラックであれば、部材(棚板、棚受け、支柱、ビームなど)単体での販売もしています。

※部材単体でご購入される際は互換性にご注意ください。

株式会社シーエスラック

シーエスラック編集部

物流業務を効率化するマテハン機器のお役立ち情報を発信。倉庫、工場、バックヤード、オフィス・事務所など多数の導入実績があります。

カテゴリ:スチールラック

製品総合カタログの閲覧・ダウンロード(無料)

弊社が販売する物流機器についてのカタログを公開しております。

Webでご覧いただける他、お問い合わせにより紙媒体でのご請求も可能です。

主な掲載製品は、

  • スチールラック
  • ステンレスラック
  • レール式移動棚
  • パレットラック
  • ネステナー(ネスティングラック)
  • カゴ台車・手押し台車・平台車

です。

ぜひ導入検討のための資料としてお役立てください。

記事一覧を見る