【導入事例】スチールラックを食器棚代わりに設置・地震対策オプション付き

先日、スチールラックを食器棚代わりに設置いただいたお客さまより写真をご提供いただきましたのでご紹介します。

今回は、中量スチールラック(耐荷重300kg / 段)を6台、オプション品として「転倒防止ベース」をお買い上げいただきました。

スチールラックと言えば、倉庫や工場、事務所、店舗のバックヤードなどで商品や在庫保管としてご利用されるケースの多い収納棚です。

しかしながら、金属製で頑丈という特徴から食器棚としてもおすすめ。

皿、汁椀、鍋、ボウル、コップ、マグカップ、ポット、急須、湯呑、土鍋などをまとめて収納できます。

食器類を1段あたり300kgまで収納可能

今回、ご購入いただいたスチールラックは、耐荷重300kg/段タイプです。

基本的には、お皿やコップなど軽いものを載せていますが、今後のことも考えて1段あたり300kgまでの重量に耐えられる頑丈なタイプをお選びいただきました。

一般的な25cmのお皿の重さが1枚あたり700g程度であることから、1段あたり429枚のお皿を収納できる計算です。

ボルトレスタイプで組み立てが簡単

スチールラックの耐荷重300kg/段タイプは、ボルトを1本も使用せずに組み立てられるボルトレスタイプです。

各部材は爪の部分を穴にはめ込み、ゴムハンマー(コンビハンマー)で叩きつけることで固定可能。

従来のボルト固定式と比べて組立時間の大幅短縮ができるだけでなく、誰でもミスなく正確に組立ができます。

関連記事ボルトレスラックとは?組立時間を約3分の1に大幅短縮

地震対策「転倒防止ベース」の取り付け

今回は、スチールラックの地震対策として「転倒防止ベース」をご購入いただいております。

転倒防止ベースは、スチールラックの支柱の脚の部分に溶接なしで取り付けできるオプション品です。

床の接地面積を増やすことができ、地震や衝撃などの横揺れにも強くなります。

床や壁に穴を開けずに取り付けができることから賃貸の倉庫や工場にもおすすめです。

スチールラックに取り付けた転倒防止ベース

関連記事スチールラックの「転倒防止ベース」をご紹介!賃貸物件におすすめ

最後に

この度は、数ある業務用スチールラック販売サイトの中から弊社を選んでいただきありがとうございました。

今回は、スチールラックを食器棚としてご利用いただきましたが、他にもアイデア次第でさまざまな物を収納可能です。

地震対策も充実しており「転倒防止ベース」の他にも

など、お客さまのニーズに合わせてさまざまなオプション品をご用意しております。

また、お客さまに安心して長期間お使いいただけるように10年間のメーカー保証も”追加料金なし”で付けております。

スチールラックの販売だけでなく、経験豊かな専門スタッフが効率的なレイアウトのご提案などもいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

カテゴリ:導入事例

業務用スチールラックの価格を10秒で簡単検索

シーエスラックでは、お客さまのご希望に合わせて簡単に価格検索できる「スチールラック検索エンジン」を提供しています。

スチールラックの価格シミュレーション

使い方はとても簡単です。

スチールラック検索エンジンのページに移動してから

  • タイプ
  • 耐荷重
  • サイズ
  • 段数
  • 形式

を選択するだけです。

送料を含めたスチールラックの価格と出荷日の目安が瞬時に表示されます。

レイアウト変更が簡単になる「キャスター付き」や地震対策できる「転倒防止金具付きラック」の価格も瞬時に表示されますので是非ご活用ください。

tel:0120-691-773

> スチールラックのカタログをWebでご覧いただけます

記事一覧を見る

株式会社シーエスラック

シーエスラック編集部

物流業務を効率化するマテハン機器のお役立ち情報を発信。全国対応で物流倉庫、工場、バックヤード、オフィス・事務所、官公庁、ご家庭など多数の導入実績があります。大量導入、現地調査・レイアウト図面作成、1年後の長期計画、エンドユーザー様宛の発送など、お気軽にお問い合わせください。