アングル棚とは?サイズ・組み立て方法などを解説

皆さん、アングル棚(アングルラック、アングルシェルフ)ってご存知でしょうか?

アングル棚とは、ホームセンターなどでも販売されている定番タイプのスチールラックです。

木製の棚と比べて頑丈な作りとなっており、ご家庭の物置や車庫・ガレージから店舗、事務所、倉庫など業務用として幅広い場所・用途で活用されています。

弊社でもスチールラックの軽量モデルとしてアングル棚を販売しています。

この記事では、アングル棚の基礎知識からサイズ・寸法、組み立て方法などを解説していきます。

1台あたり7,062円~の低価格で販売中!3台以上のご注文でさらに割引

アングル棚とは

まずは、アングル棚についておさらいしましょう。

アングル棚とは、棚を支える支柱部分に金属のL字アングルが用いられているスチールラックです。

アングル棚

L字アングル

L字アングル(正式名称:山形鋼)とは、1回折り曲げの単純な構造をした鋼材の一つです。

次の画像のように断面がアルファベットの「L」の形状となっているのが特長となっています。

L字の穴空きアングル

▲カラーアングル(白)の写真

1回折り曲げることで一定の強度が確保されており、切断・加工が容易であることからホームセンター(カインズ、コーナン、コメリ、ナフコ、ジョイフル本田、ビバホームなど)、ネットショップ(Amazon、楽天市場、モノタロウなど)でも安価で流通しています。

そのため、アングル棚としてだけでなく、土木・建築資材、補強金具、船舶、産業機械、自動車、鉄道など幅広く使用されています。

アングル(山形鋼)は、寸法、重量、断面積、断面性能などを基準にJIS規格「JIS G 3192」が定められています。

アングル棚のサイズ・寸法

弊社で販売しているアングル棚は、

  • 耐荷重120kg/段
  • 耐荷重150kg/段

の2種類を用意しています。

それぞれ耐荷重ごとのサイズ・寸法は、次のとおりです。

耐荷重120kg/段

アングル棚(耐荷重120kg/段)サイズ一覧表
高さ(H) 900mm / 1200mm / 1500mm / 1800mm / 2100mm / 2400mm
横幅(W) 875mm / 1200mm / 1500mm / 1800mm
奥行(D) 300mm / 450mm / 600mm

※呼称寸法と実寸法は若干異なります。

弊社が販売するアングル棚(耐荷重120kg/段)では、簡単に加工ができるL字アングルを採用しています。

そのため、アングルカッター(L字アングルを切断するための工具)を持っていれば、お客さま側でDIY・自作により簡単に高さ変更を行っていただくことも可能です。

※弊社でも有料オプションとしてL字アングルの加工サービスを提供しています。

耐荷重150kg/段

アングル棚(耐荷重150kg/段)サイズ一覧表
高さ(H) 900mm / 1200mm / 1500mm / 1800mm / 2100mm / 2400mm
横幅(W) 875mm / 1200mm / 1500mm / 1800mm
奥行(D) 300mm / 450mm / 600mm

※呼称寸法と実寸法は若干異なります。

アングル棚の組み立て方法

ここからは、弊社が販売しているアングル棚(耐荷重120kg/段)の組み立て方法・作り方を解説します。

組立手順は、

  1. 部材の確認
  2. 最上部と最下段の棚板を取り付ける
  3. 脚先金具を取り付ける
  4. 中段の棚板を取り付ける
  5. 本締めをして完成

です。

1、部材の確認

まずは、アングル棚の部材・パーツが「全てそろっているか」を確認します。

ダンボールで梱包された状態で届くので開梱してから一つ一つチェックしていきましょう。

120kg軽量スチールラック部材一覧

部材は、

  • 支柱 × 4本
  • 棚板 ※ご注文いただいた段数分
  • コーナープレート × 8個
  • 脚先金具 × 4個
  • ボルト・ナット、BCフック

の全5種類です。

2、最上部と最下段の棚板を取り付ける

最上部と最下段の棚板を支柱に取り付けます。

棚板と支柱の間にコーナープレートを差し込んでからボルト・ナットで仮止めします。

※仮止めとは、ボルトを軽く締めておくことを言います。

インパクトドライバーがあれば楽ですが、ドライバーで手締めで固定することも可能です。

3、脚先金具を取り付ける

支柱の脚部分(床と接する部分)に脚先金具をボルト・ナットで取り付けます。

4、中段の棚板を取り付ける

中段の棚板をボルト・ナットで仮止めしていきます。

棚板の位置は50mm間隔で調整できるので荷物の大きさに合わせて自由に取り付けてください。

中段の棚板は、同封の「BCフック」で取り付けることも可能です。

その場合は、アングル棚を起こしてからBCフックと棚板を取り付けてください。

BCフックを活用することで使用するボルト数を減らすことができ、組立時間の短縮につながります。

BCフックとボルト締めの比較

ただし、BCフックで棚板を取り付けた場合は、1段あたりの耐荷重が100kgに下がってしまうため注意が必要です。

5、本締めをして完成

最後に全体のバランスを整えながら最上段と最下段、棚板のボルトを本締めすれば完成です。

アングル棚の対応オプション

弊社が販売するアングル棚では、さまざまなオプションをご用意しております。

キャスター

キャスターとは、アングル棚の底部分に取り付ける小さな車輪です。

必要に応じて後付けも可能になっています。

※弊社が販売するアングル棚にキャスターを取り付ける場合は、最下段の棚板の位置を通常より一段上げる必要があります。

アングル棚にキャスターを付けることで手押しで簡単に移動ができるようになります。

これにより

  • レイアウトの変更
  • アングル棚周辺の床や隅の掃除

などを楽に行うことが可能です。

関連記事業務用スチールラックにキャスターは必要?取り付け方、耐荷重、互換性など

※弊社が販売するアングル棚のうち「耐荷重120kg/段」がキャスター対応しています。

転倒防止ベース

転倒防止ベースとは、アングル棚の脚の部分に取り付ける金具です。

ドライバー1本で簡単に取り付けできるようになっています。

転倒防止ベースを付けることで床との接地面積を増やすことができます。

これにより地震や衝突などによりアングル棚が転倒してしまうリスクを減らすことが可能です。

スチールラックに取り付けた転倒防止ベース

関連記事スチールラックの「転倒防止ベース」をご紹介!賃貸物件におすすめ

落下防止ベルト「タナガード」

タナガードとは、アングル棚の取り出し口に取り付けるベルトです。

棚のサイズに合わせて自由にカットして、支柱に巻きつけてすぐに使うことができます。

破断強度は最大300kgまで対応しており、地震などで収納物が落下するリスクを減らすことができます。

関連記事スチールラックの落下防止ベルト「タナガード」をご紹介!使い方・取り付け方など

金網

金網とは、アングル棚の側面と背面に取り付ける金網です。

結束バンド(インシュロック)を支柱の穴に通すことで簡単に取り付けができます。

落下防止ベルト「タナガード」と組み合わせることで前後左右全ての落下防止が可能になります。

関連記事スチールラックの落下防止対策「金網」をご紹介!結束バンドで簡単取り付け

アングル棚の価格

弊社が販売するボルトレスラックの価格は『スチールラック検索エンジン』で簡単に調べられます。

まずは、上部メニューで「ボルト固定式ラック」を選択します。

あとは「耐荷重/段」「高さ」「横幅」「奥行」「段数」を選択すれば、送料込みの価格が表示されます。

アングル棚に関するよくある質問(Q&A)

ここからは、アングル棚に関するよくある質問(Q&A)を紹介します。

Q、連結タイプのアングル棚は取り扱っていますか?

弊社では、連結(増連)タイプのアングル棚は取り扱っておりません。

連結タイプのスチールラックをお求めの場合は、ボルトを一切使用しないボルトレスラックをご検討ください。

なお、ボルトレスラックでは、支柱に4回折り曲げ加工が施されており、L字アングルと比べて強度が大幅にアップしています。

アングル棚とボルトレスラックの支柱の形状比較
アングル棚 ボルトレスラック

さらにボルトレスラックには、

  • 組み立てが簡単
  • 棚板の高さ変更が簡単
  • 誰でも正確に組み立て可能

といったメリットもあります。

実際、弊社スタッフが組みた立てて計測したところアングル棚の約3分の1の時間で組立ができました。

関連記事ボルトレスラックとは?組立時間を約3分の1に大幅短縮

Q、アングル棚は屋外でも使えますか?

アングル棚を屋外で使用した場合は、錆びる可能性が高くなります。

弊社が販売するアングル棚は、150度以上の高温で焼き付けて塗装する「メラミン焼付塗装」が施されています。

これは、オフィスの事務机やガレージのシャッターなどで用いられる塗装加工方法です。

これにより表面が保護されて一定の耐水性を有しますが、紫外線のあたる屋外や湿度の高い場所で長時間使用した場合は、経年劣化により塗装が剥がれて”鉄がむき出し”になる可能性が高まります。

その場合は、表面が保護されないことから雨や湿気などで錆びやすくなるので注意が必要です。

食品工場、冷蔵・冷凍倉庫、飲食店、病院、クリーンルームなど衛生面の気になる環境での導入を検討しているならステンレスラックがおすすめとなります。

関連記事ステンレスラックとは?SUS304とSUS430の違いなど

Q、アングル棚は水槽台として使えますか?

アングル棚の水槽台の利用は、推奨しておりません。

水槽の重さはサイズにもよりますが、90cm水槽でも水と砂利、ろ過槽、クーラー・冷却ファンなどを含めると200kgを超えるケースもあります。

もし、アングル棚の強度が足りない場合は、水槽のガラス部分にヒビや亀裂が発生。

最終的には水槽が割れて大切に育てた魚が床に投げ出される恐れがあるので注意しなければなりません。

スチールラックを水槽台として使うときの注意点は、次のページで詳しく解説しています。

関連記事スチールラックは水槽台(60cm、90cmなど)として使える?重量に注意

スチールラックを水槽台として利用される方は多いですが、基本的にメーカーからは推奨されていません。

そのため、スチールラックの耐荷重不足などにより水槽が破損した場合は、原則として自己責任となる点に注意が必要です。

Q、アングル棚の色を黒に変更できますか?

弊社では、アングル棚の別色塗装にも対応しています。

お好みの色を日塗工の色票番号から細かく選択ができ、人気の高い黒色での塗装にも対応しています。

加工費用の目安としては、1台あたり10,000~100,000円です。

基本的には、塗料缶単位で材料を仕入れて塗装を行うことから、発注台数が増えるほど1台あたりのコストを下げることができます。

詳しくは、次の記事をご覧ください。

スチールラックの黒色

関連記事業務用スチールラックを黒や白に塗装しておしゃれにできます

Q、アングル棚の部品・パーツのみは販売していますか?

弊社では、アングル棚の部材・パーツのみの販売も行っています。

「棚板を増やしたい」「部材・パーツを紛失してしまった」といった方は、部材・パーツ単体のご購入をご検討ください。

弊社が販売するアングル棚の耐荷重ごとの部材・パーツは次のとおりです。

アングル棚の部材・パーツ一覧
耐荷重120kg/段 ボルト・ナット、コーナープレート、脚先金具、BCフック、棚板、支柱
耐荷重150kg/段 支柱取付け用ベースキャップ、中受金具、ガゼットプレート、棚板、支柱

部材・パーツ単体で購入する場合は、互換性に注意が必要です。

関連記事スチールラックに互換性はある?メーカー間の対応状況

Q、アングル棚のレンタル・リースには対応していますか?

弊社では、アングル棚のレンタル・リースには対応しておりません。

クレジットカード決済による分割・リボ払いにより月々の負担額を少なくすることは可能です。

また、弊社からご購入いただければ、追加料金なしで10年間の長期メーカー保証も行っておりますのでご検討ください。

最後に

弊社では、国内で製造されたアングル棚をインターネット上で通信販売中です。

これまでこれまで倉庫、工場、オフィス・事務所、店舗、バックヤード、ホテル、リネン室、車庫・ガレージ、物置、ご自宅など、あらゆる場所に導入してきました。

お客様が長年にわたって安心してお使いできるように10年間の長期保証をつけており、

  • 原則、送料無料による販売
  • 幅広いサイズや段数、各種オプション品(キャスター、アジャスター、地震対策など)の用意

などにも対応。

ご自身で組み立てられなかった場合でも負担ゼロで返品できる「あんしん返品保証」といった他社ではあまり提供されていない独自サービスも提供しています。

法人だけでなく、ご家庭用として個人のお客さまのご購入も歓迎していますのでお気軽にお問い合わせください。

1台あたり7,062円~の低価格で販売中!3台以上のご注文でさらに割引

店舗什器・陳列棚

カテゴリ:スチールラック

タグ:,

業務用スチールラックの価格を10秒で簡単検索

シーエスラックでは、お客さまのご希望に合わせて簡単に価格検索できる「スチールラック検索エンジン」を提供しています。

スチールラックの価格シミュレーション

使い方はとても簡単です。

スチールラック検索エンジンのページに移動してから

  • タイプ
  • 耐荷重
  • サイズ
  • 段数
  • 形式

を選択するだけです。

送料を含めたスチールラックの価格と出荷日の目安が瞬時に表示されます。

レイアウト変更が簡単になる「キャスター付き」や地震対策できる「転倒防止金具付きラック」の価格も瞬時に表示されますので是非ご活用ください。

tel:0120-691-773

> スチールラックのカタログをWebでご覧いただけます

記事一覧を見る

株式会社シーエスラック

シーエスラック編集部

物流業務を効率化するマテハン機器のお役立ち情報を発信。全国対応で物流倉庫、工場、バックヤード、オフィス・事務所、官公庁、ご家庭など多数の導入実績があります。大量導入、現地調査・レイアウト図面作成、1年後の長期計画、エンドユーザー様宛の発送など、お気軽にお問い合わせください。